アコムで即日借入した部長の話

アコムで即日融資を受ける方法を教えましょう!

アコムで即日借入した男

アコム即日審査の流れと用意するもの

アコムは即日融資に対応しているカードローンとして人気があります。しかし即日融資の際には、いくつか必要なことがあるため注意が必要です。
 

まずは申し込みの際、郵送を選択すると即日融資を受けられない点です。郵送申し込みは書類が届けられるまで数日かかるため、その間まで待つ必要があります。
 

そのため即日融資の際は、電話やインターネット、自動契約機、店舗窓口に直接申し込む必要があります。
 

また、店舗窓口は18時まで自動契約機は22時までとなっており、電話やインターネットから申し込んだ際も21時までの営業となるので注意が必要です。審査時間は最低30分程となっているため遅くとも30分前までには申し込んでいる必要があります。
 

審査に受かった際には本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類は運転免許証などが必要となり、FAXやアプリなどから提出することができます。また、収入証明書の提示が求められる際にも上記の方法で提出することができます。
 

この際、振込みで即日融資を考えている方は注意が必要です。即日振り込みは14時までに審査が完了しており、必要書類が提出された場合に限られています。即日振込みの際には時間に余裕を持って申し込みをする必要があります。
 

アコムはどうしても審査に時間がかかります。より早く借入したい方はアコム 即日でキャッシングした方がいいかもしれませんね。
 

アコムの提出書類はコレが必要

消費者金融のアコムは数あるカードローン会社の中でも大変お勧めできるカードローン会社です。アコムにキャッシングを申し込むと、審査に必要な書類の提出を求められます。
 

一つ目は本人確認書です。運転免許証などが代表的ですが、健康保険証やパスポートなども使うことができます。基本的には上記のどれかひとつだけ用意すればいいのですが、例外として本人確認書類と現住所が異なる場合は、現住所が確認できる本人確認書類が必要となってきます。
 

現住所が確認できる書類として使えるものは、社会保険や公共料金などの領収書や納税証明書があります。ただし直近6ヶ月以上前のものは使えないため注意が必要です。
 

二つ目に必要となってくる書類は収入証明書です。しかしこれは必ず必要というわけではなく、以下の条件に当てはまった場合に必要となってきます。
 

それは、他社を含めた借り入れ総額が100万円を超える場合とアコムにおいて50万円を超える借り入れ契約を行う場合です。この二点のどれかひとつに当てはまった場合、収入証明書が必要となるので気をつけましょう。
 

収入証明書として使えるものは源泉徴収票と一か月分の給与明細書です。どれも直近のものが必要となってきます。
 

アコムでキャッシングを申し込む際には、本人確認書類と収入証明書の二つを忘れずに用意しておきましょう。
 
カードローンのバレない借り方!【※家族や会社に内緒でOK】
 

アコムのデメリットや注意点

アコムを利用するに当たり、便利な反面、デメリット面を理解することで利用するのにトラブルを回避することができます。
 

まず30日間無利息サービスを行なっていますが、その後は通常の金利が適用になります。
 

最初利用するに当たり、金利が18%近くになっているために、長期において利用するのであれば、金利が大きい分、トータル返済額を大きくなります。返済する際には早めの返済が賢明と言えます。
 

そしてもう一点として限度額が銀行系カードローンに比べて低い点があります。銀行系カードローンはほとんど限度額が800万円となっており、地方銀行では1000万円になっているところもあります。それに比べると若干限度額が低いことが言えます。
 

借りる側としてとても気になるのが、どれくらい借り入れできるかが気になる所です。それは総量規制と言う法律が関わっているからです。
 

総量規制は国が多重債務者を増やさないために制定した法律で、年収の3分の1までしか借り入れをすることができなくなっています。
 

借り入れをする際には他社にキャッシングがある場合にはトータルとしてどれくらい借りているかによって限度額も設定されます。
 

アコムだけでなく、キャッシング会社のほとんどがこの総量規制の対象となっています。